電話アイコン03-3456-6411

〒106-0047 東京都港区南麻布1丁目3-7

MENU

スタッフ紹介|デンタルクリニック麻布仙台坂|麻布十番駅から徒歩5分の歯医者

スタッフ紹介

ご挨拶GREETING

地域に密着した
歯科医療を目指しております。

院長  井之前貴雄

HPをご覧いただき有難うございます。
この度、デンタルクリニック麻布仙台坂を開業することなりました院長の井之前貴雄と申します。

地域に密着した歯科医療を目指しております。
私が大切にしたいことは患者さんとの“繋がり”です。そして、その為には患者さんの本当の悩みは何なのか、どのように寄り添うことがベストなのかを考えながら日々臨床を行なっております。

『今までに色々な歯科医院に行ったがダメだったよ。』そのようなお悩みはよくお聞きします。患者さんとの相性の問題なのか、技術や材料の問題なのか、歯科医療の限界なのか、または患者さんの噛み合わせなどの成長の過程で生じた問題なのか…。

私はそのような患者さんに『相談して良かった。』『ここで治療して良かった。』と感じていただけるように、考えうる治療の選択肢の提供やその良し悪しをしっかりと納得が出来るまでとことん相談して、ベストの治療を行いたいと考えております。その為に当院は最新の精密機器の導入に注力しております。そして私自身もまだまだ若輩者ですので、今までもこれからも大切な患者さんと真摯に向き合っていくために常に自己研鑽が必要であると感じております。

大切なお身体のこと、ご家族のこと、私たちに相談してみませんか。

デンタルクリニック麻布仙台坂

院長井之前貴雄

ドクターズファイルバナー

ロゴアイコン

経歴

  • 長崎県諫早市出身
  • 長崎大学歯学部歯学科卒業
  • 東京大学医学部附属病院口腔顎顔面外科・矯正歯科
  • 都内歯科医院にて副院長
  • デンタルクリニック麻布仙台坂院長

資格・所属学会

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本臨床歯科医学会(東京SJCD)

ドクターズファイルバナー

歯科衛生士

歯科衛生士DENTAL HYGIENIST

歯科助手

歯科助手DENTAL ASSISTANT

受付

受付RECEPTIONIST

10年後を見据えた治療を。
そしてずっと任せられる歯科を目指して。
Looking ahead to the medical treatment in ten years

デジタル技術

テクノロジーの発達と共に歯科治療は進歩しており、現在ではデジタル技術との融合が多く見られるようになりました。アナログからデジタルへと移行する過渡期である歯科では様々な治療法が開発され、私たちは安心で患者負担の少ない治療法を沢山の選択肢から吟味して患者さまに提供していく時代になりました。

利便性が高くなり、材料開発も目覚ましい昨今ではございますが、いかに技術が進歩しても人工物と天然歯は似て非なるものです。

人工物はあくまで天然の歯の模倣であり、天然の歯のように生体に順応することはありません。一度失った歯を入れ歯等で補ったとしても噛んだ感覚というものは以前とは異なるものに変わってしまう現実があります。

そこで、デンタルクリニック麻布仙台坂では、10年後も変わらずご自身の天然の歯でしっかりと噛めるように「予防」を何より大切にしております。

デジタル技術

日本は「歯が痛くなったら歯科に行く」「痛みがひいたから通院をやめる」という意識の方が非常に多い印象があります。

それに対して、他の先進国では「歯科は治療費が高額なので歯科治療を受けなくていいように予防のために歯科に通う」という意見の方が多いそうです。

日本の保険制度では、皆さんが最低限の治療を受けることが出来るように自己負担金額は安く抑えられているので、何かトラブルが起こったとしても比較的安価に解決してしまうことが諸外国との意識の差を生んでいるのではないかと言われています。

日本の保険制度は一見素敵な話のように聞こえますが、それはすなわち『高品質、低価格』という意味なのでしょうか。私たちは客観的な目線で物事を捉える必要があり、制度の中身(統計データ)を分析することは非常に大切です。

実際に統計を見てみましょう。
東京医科歯科大学附属病院の調べで根管治療後に感染が再発(失敗) を起こした割合が統計としてあります。

デジタル技術

デジタル技術

残念ながら保険診療では、概ね50%は感染が再発(失敗)する現状があります。再発するということは、治療を受けて一時的に菌数が減りはしたものの内部では細菌が残存しており(又は隙間から細菌が新たに侵入しており)、新たに増殖を始めていたことを意味しています。再発を起こした部分は再度削りとる必要があるので、再感染を起こすと歯質は構造上弱くなり、場合によっては抜歯が必要になることもあります。

このような口腔内のトラブルを未然に防ぐ「予防」が非常に大切な柱と言えます。

デンタルクリニック麻布仙台坂では、患者さまそれぞれにいつも同じ歯科衛生士が担当制で対応する体制をとります。些細なお口の変化に気付き、患者さまの習慣や特徴に合わせたサポートを致します。

マイクロスコープ

私たちの仕事にはもう一つ大切な柱があります。
それは「再発リスクの少ない精密な治療」です。

再感染を起こすと歯は確実に弱くなる方向へと向かうので、一度虫歯や歯周病といった感染症に罹患した歯は再発が起こらないように丁寧な治療が必要になります。

目には見えない程に小さな細菌は歯と詰め物の間から侵入して停滞することで新しい虫歯を作ります。写真のように目視できる隙間は歯ブラシも当たらないので細菌にとっては理想的な住処になります。こうして歯科治療がきっかけに新しい虫歯が出来てしまうことは多いのです。

私たちは大切な歯を守るために、自由診療においては高倍率のルーペ又はマイクロスコープを使用することを義務付け、精密な治療を心がけております。

マイクロスコープ

マイクロスコープを使用することで再感染のリスクを軽減することが可能になります。もちろん我々の技術も非常に大切であり、この2つが上手く機能することで歯は長持ちします。

大切なお口の環境を末長く守るために、お困りのことがあればご相談ください。