MENU

金属アレルギーと歯科

金属アレルギーと歯科


デンタルクリニック麻布仙台坂のブログです。

 

港区麻布の歯科医院です。

麻布十番、南麻布を中心として地域に密着した歯科医療目指し、皆さまに歯科に関する情報をご提供いたします。

 

 

今回は金属アレルギーというお題で、歯科金属が体に及ぼす影響をお話しします。

 

 

 

 

「銀歯がいくつか入っているんだけど、銀歯をやり変えたいの」と患者さんからご相談がありました。

 

 

 

 

どうしてそのように感じていらっしゃるのか尋ねると、

 

 

その患者さんは

 

「大人になってからアトピーになってしまった」

 

「金属アレルギーと関係があるのかも」

 

と仰っていました。

 

 

 

 

さて実際のところどうなのでしょうか。

 

 

昨今では、金属アレルギーが様々なメディアで取り上げられており、金属を使用しないメタルフリーの治療が少しずつ注目されてきています。

 

 

金属アレルギーとは

 

汗に混じって溶け出した金属イオンに対して、血中のタンパク質がくっつきます。そうすると、金属イオンとタンパク質の複合体ができます。

 

 

その複合体に対して、体が異常な免疫反応を起こすようになります。

 

 

代表的な症状として、「痒い」や「皮膚が赤くなる」といった症状があります。

 

 

この反応のことを金属アレルギーといいます。

 

 

 

 

金属アレルギーの症状は、蓄積されて時間が経ってから症状として発現する方もいます。

 

患者さんによっては10年くらいが経ってから症状がでる場合もあります。

 

 

 

 

 

歯科治療の銀歯においても同じようなことがいえます。

 

銀歯は[金銀パラジウム合金]と言われる数種の金属を混合させた組成しています。

 

 

パラジウムやニッケルといったものはイオン化傾向が高いので、アレルギー反応を起こしやすいと言われています。

 

 

 

口腔内では金属があたる頬の内側が赤く爛れたようになる場合があります。

 

 

 

口の中だけの問題でしょうか?

 

 

金属が溶け出せば、消化管へと運ばれていきます。血液にのって全身へと巡ることもあります。

 

 

それは、お口の中の問題だけでなく体の至る所で難治性の病態を作り出すことになります。

 

 

 

 

 

 

では、患者さんとの話に戻ります。

 

 

結論から言えば、アトピー性皮膚炎≠金属アレルギー

 

 

ただし、アトピー性皮膚炎に症状が似ているので、「アトピーかな?」と思っていたら実は金属アレルギーの症状が出てしまっているということはあります。

 

もちろん、どちらも併発しているという場合もあります。

 

 

 

アトピー性皮膚炎はヒザ裏やヒジ裏に痒みがでることが多いです。

 

 

「私、アトピーなんです」という方で、アトピーならではの部位とは違うところにできたりする方は金属アレルギーの可能性を考えてもいいかもしれません。

 

 

先ほどお伝えした通り、10年位経ってから皮膚症状として現れる場合もあるのです。

 

 

そのような方はアトピー性皮膚炎の治療を行って、アトピー自体は良くなっても、なぜか発疹は良くならないということもあります。

 

そんな時は金属アレルギーの検査を行ってみても良いかもしれません。

 

 

 

デンタルクリニック麻布仙台坂

<銀歯のやり変え:メタルフリー>

 

 

(右:術前)

(左:術後)

 

当院ではメタルフリーという銀歯などの金属をセラミックを始めとした非金属で置き換える治療を推奨しております。

 

保険診療と比較して比較的高額という点はありますが、銀歯と比較して精密に作られるので適合性が非常に高く、虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

 

また、適合性のみならず、接着剤はセラミックと歯を分子レベルで結合させていいくので物理的な隙間が生じにくいという点があります、これも虫歯になりにくい理由の一つです。

 

デンタルクリニック麻布仙台坂のセラミックは審美性においても妥協せず作製していますので、多くの患者様に高い評価を受けております。

 

 

 

 

 

いかがでしょうか、金属アレルギーは数年後に皮膚症状として現れることもあるので、直接の関連が分かりづらい点があります。そこが難しいところです。

 

ただし、実際に金属アレルギーと関連があると言われる疾患を患っており、お困りでしたら口腔内の金属をやり変えるという手段も一つの選択肢だと思います。。

 

 

歯科医院は質で選んでみませんか?

 

 

 

銀歯をやり変えたい、メタルフリーの治療にご興味のあるという方はご相談ください。

デンタルクリニック麻布仙台坂

東京都南麻布1丁目3-7

 

 

==おまけ===

難治性の疾患である掌蹠膿疱症も金属アレルギーが関係しているのではないかと言われています。

 

<掌蹠膿疱症>しょうせきのうほうしょう

掌や足の裏に小さな水膨れ(水疱)や膿が繰り返しできる病気。爪の下にも水疱ができたり、爪が変形する場合もあります。

 

原因:まだ解明されていません。

喫煙や歯周炎、金属アレルギーが関係している可能性があると考えられています。

 

難治性と言われ、治らないと思われていた掌蹠膿疱症ですが、実は歯科治療で使われている『金属』を除去することや、「根管治療、歯周病の治療」を行うことで治る可能性があります

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ