MENU

ラミネートベニア

ラミネートベニア


麻布十番、広尾、白金エリアの歯医者・歯科医院[デンタルクリニック麻布仙台坂]のブログです。

 

本日は審美に関わる治療の一つとしてラミネートベニアをご紹介します。

 

これは審美的な問題を解決する選択肢の一つであり、他にも様々な方法があるので歯医者さんと解決法を相談することをおすすめ致します。

 

<当院の審美に関する治療について>

 

 

ラミネートベニアとは

・二ケイ酸リチウムや長石系陶材によって作製される厚さ約0.5mmの薄いセラミックのことをいいます。付け爪のように薄いセラミックを特殊な接着剤で歯に接着します。

 

・色調の再現が難しいのですが、上手な技工士が作製すると他の歯と違和感がないほどに綺麗に仕上がります。歯の削除量が少なく、審美的な治療として注目されています。

 

 

=実際の症例=

<⬆︎ラミネートベニア 治療後⬆︎>

これは下の前歯の写真です。

 

皆さんはどの歯を治療しているか分かりますか?

 

 

 

 

正解は前歯6本とも治療しています。

厚さ僅か0.5mmのセラミックを装着しています。これがラミネートベニア です。

 

 

 

それでは治療前と比較してみましょう。

 

<⬆︎ラミネートベニア 治療前⬆︎>

 

<⬆︎ラミネートベニア  治療後⬆︎>

 

色が黄色い、歯の隙間が空いている、歯の形が気になるなど、そのような審美的な悩みに対してラミネートベニア は効果を発揮します。

 

類似の治療にはダイレクトボンディングやセラミッククラウン、ジルコニアクラウンなどがあります。今後、ご紹介致します。

 

 

ーラミネートベニアはこのような方にオススメー

・何度かプラスチックの材料で治療を行なったけれど色や形が気になる。

・前歯の形や大きさを変えたい。

・審美的要求度が強い方

 

 

ー注意が必要な方ー

以下の方はラミネートベニア(セラミック)が割れてしまう危険があります。歯科医師としっかりとした相談が必要です。

 

・ブラキシズム(歯ぎしり)が重度の方。

・上の前歯と下の前歯が歯の先端同士で噛んでいる(切端咬合)

 

 

 

<実際の治療>

⬇︎

図を使用して、ラミネートベニアの治療の説明をします。

 

複数の歯に治療の跡がある場合はラミネートベニアは非常に有効です。

 

歯を横から見るとこのような形をしています。

このように、ラミネートベニアは歯を0.5mm程度だけ形成して、型取りをします。

 

事前に患者さまとしっかりと相談をして、色や形をどのようにしたいかイメージを共有しておく必要があります。

waxupという蝋を用いて彫刻をも形状で行い、形については事前に仕上がりのイメージを提示することが出来ます。

 

技工士ともどのようなセラミックの材料にするのか、色はどうするのか、噛み合わせはどのように与えるのかなどを相談して、作製にとりかかります。(治療期間は10日前後となります。2回程度の来院)

 

 

<before>

 

⬇︎

 

<after>

 

 

 

 

<before>

 

⬇︎

 

<after>

 

セラミックはとても色彩が綺麗で、丁寧に治療を行えば非常に満足度の高いものです。

審美でお悩みのことがあれば、セラミックや他の治療についてもお話しいたしますので是非ご相談ください。

 

 

麻布十番駅より徒歩5分の歯医者。

東京都港区南麻布1丁目3-7

デンタルクリニック麻布仙台坂では審美に関するご相談を承っております。

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ