MENU

妊婦歯科検診

妊婦歯科検診


 

麻布十番、広尾、白金エリアの歯科医院[デンタルクリニック麻布仙台坂]のブログです。

 

 

本日は妊娠をされた方向けにお話をします。

 

 

ご懐妊おめでとうございます。

 

 

これからお子さんについて沢山の知識をつけて、ご準備をしていくことかと思います。

 

私たちも歯科に関連する情報で、ママさんをサポートいたします。

 

正しい知識をつけて、万全の状態で新しい家族をお迎えしましょう。

 

 

 

 

妊婦歯科検診のご案内です。

 

デンタルクリニック麻布仙台坂では妊娠期間中は3ヶ月を目安に定期検診をご提案しております。

 

 

 

妊娠をされた方は、つわりやホルモンバランスの影響で虫歯歯周病に罹患しやすくなります。

 

 

どちらの病気も「感染症」であり、一度罹患すると失くなった組織は戻ってきません。

 

 

妊娠期間中はいつも以上にお口のことを意識しましょう。

 

 

 

 

歯周病との関連

 

エステロゲンという女性ホルモンは一部の歯周病菌の増殖を促します。また、プロゲステロンというホルモンは炎症に関係するプロスタグランジンという物質を刺激して炎症が起こりやすくなります。

 

 

妊娠期間の中期から後期にかけて、これらのホルモンの影響で歯肉炎や歯周炎が起こりやすくなります。

 

 

また、歯周病は低体重児や早産とも関連があると言われています。

 

 

歯周病は細菌が付着して起こる炎症反応なので、口腔内のプラークを減らす事で改善することができます。

 

そのプラークが唾液のカルシウムやリンと一緒に固まったものを歯石といいます。

 

歯石は歯科医院の専用機器で除去する必要があり、歯ブラシでは取り除くことが出来ません

 

 

定期的なクリーニングと正しいセルフケアで元気な赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

 

 

 

 

<歯周病治療について詳しく知りたい場合はこちら>

 

<クリーニングなどの料金についてはこちら>

 

 

 

 

虫歯との関連

 

妊娠初期にはつわりを経験する方も多いと思います。

 

つわりの影響で歯磨きも控えがちになる方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時は、気持ちが落ち着いた時で構わないで、できる範囲で歯磨きをしてみましょう。

 

頭が小さい歯ブラシで磨くと嘔吐感が出にくいと言われています。

 

妊娠中はストレスのかかる治療は出来れば避けたいので、予防が大切です。

 

 

<予防歯科についてはこちら>

 

 

 

 

歯科医院の対応

歯医者側としても、妊婦の方には様々なことを配慮しなくてはなりません。

 

⬇︎控えた方が良いこと⬇︎

 

 

・レントゲン撮影

 

→基本的には放射線を使った撮影は催奇形性への配慮から控えております。

 

ただし、「どうしても歯が痛い」など、診断としてレントゲン撮影が必要な場合は撮影をすることもあります。

 

その際は、患者さんと相談をしっかりと行い、撮影によるリスクと恩恵を天秤にかける必要があります。

 

 

 

 

・薬剤の使用

 

→飲み薬(抗生剤や鎮痛薬)や薬剤(局所麻酔薬)は血液を伝って全身へ巡ります。

 

私の知る限りでは、歯科医院で使用する薬剤の使用で胎児になにか影響が出るということは聞いたことがありませんが、医療として「絶対に問題が起こらない薬」というものは存在しないので、可能な限り使用を控えております。

 

こちらも、「とても痛い」や「細菌感染が強くて腫れている」など緊急性が高い場合は患者さんと慎重に相談をおこなった上で使用する場合もあります。

 

少し薬剤としてのイメージは弱いかもしれませんが、ホワイトニング剤も可能であれば使用を控えて頂いております。

 

 

 

このように、妊娠中は少し治療にも制限が出てしまいます。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

妊婦歯科検診を行なうことで、お口を綺麗に保って大変な時期を乗り越えましょう。

 

 

 

 

麻布十番、南麻布の歯医者。麻布十番駅から徒歩5分の歯科医院

東京都港区南麻布1丁目3-7

 

デンタルクリニック麻布仙台坂では妊娠をお考えの方や妊娠中の方のお口に関するご相談を承っております。

麻布十番で妊婦歯科検診をご希望の方はご連絡ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ