MENU

歯周病と脳梗塞、虚血性心疾患

歯周病と脳梗塞、虚血性心疾患


 

東京都港区南麻布の歯医者「デンタルクリニック麻布仙台坂」のブログです。

麻布十番、南麻布エリアの歯科医院です。

 

日々の臨床で患者さんと向き合いながら感じた事柄を題材としてブログを書いています。

 

本日は歯周病と脳梗塞、虚血性心疾患についてのお話をします。

 

歯周病はお口の中の細菌感染。脳梗塞や虚血性心疾患は血液の循環障害。

 

そもそも場所が違いますし、あまり関連性が無さそうな疾患ですが、実は非常に関連の深い疾患なのです。

 

 

歯周病は、歯に付着したプラークに対して歯周組織が細菌感染を起こす病気です。

歯周病に罹患すると、歯を支えている繊維や骨が少しずつ消失してしまい、重度となれば歯を失ってしまいます。

30歳以上の80%が罹患していると言われています。

 

 

一方、脳梗塞や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)は血液の循環障害です。

血管が詰まり、酸素が行き渡らなくなってしまった組織はやがて壊死(梗塞)を起こします。

狭心症は組織が壊死を起こす一歩手前のことであり、胸部に強い痛みを伴います。

脳梗塞や心筋梗塞は死にいたることもある疾患です。

 

 

この脳梗塞や心筋梗塞といった血管の「詰まり」を作るものの中から歯周病菌の遺伝子が検出されるという研究もあり、歯周病との関連が示唆されています。

 

また、歯周病の炎症反応の際に生じる、ある「タンパク質」は心臓の血管が詰まる病気に関連しているという報告は多数あります。

さらには、歯周病治療を行うことで、その「タンパク質」は減少することも報告されています

 

日本歯周病学会によると、歯周病の罹患によって虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)の有病率やそれに伴う死亡率は高くなるということが言われています。

発症と進行に関してはエビデンスがまだ十分には得られているわけではないそうです。

*エビデンス:ある事象が妥当なことであると裏付ける、研究を元にした客観的な根拠のこと

 

平成24年の人口動態調査では、10万人あたりの死因について心疾患は2位、脳血管疾患は4位と発表されています。

 

私自身、患者さんと向き合っていて、重度の歯周病の方は心筋梗塞か糖尿病(後日ブログで書きます)の既往がある方が多いという実感を持っています。

「〇〇さん、暫くご来院されないな」と思っていたら、脳梗塞でお亡くなりになっていたというの出来事も過去には経験しています。

 

お口の問題は軽視されがちですが、歯周病を改善することで、生死に関わる疾患のリスクを軽減することが可能となるかもしれません。

 

デンタルクリニック麻布仙台坂では予防の大切さをいつも患者さまにはお伝えしております。

皆さまの健康の一助になれますと幸いです。

 

東京都港区南麻布の歯科医院

麻布十番、南麻布エリアの歯医者|デンタルクリニック麻布仙台坂|

東京都港区南麻布1丁目3-7

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ