MENU

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ


麻布十番の歯科・歯医者「デンタルクリニック麻布仙台坂」のブログです。

 

麻布エリアにお住まいの方を中心に歯科医療に関する情報をご提供いたします。

 

 

 

本日は、一本の歯だけを白くする『ウォーキングブリーチ』という治療についてご案内します。

 

ホワイトニング専門ページはこちら

 

 

 

 

「歯が一本だけ暗い色になってしまった」

 

「転んで前歯をぶつけてしまったの」

 

 

 

 

そんなお悩みを抱えて来院した患者さまがいました。

 

 

<上:治療後  下:治療前>

 

 

どのようにすれば一本だけ白くなるのでしょうか。

 

ちょっと変わったホワイトニングのご紹介です。

 

 

 

このように”ある出来事を境に”一本だけ暗い色になった歯というものは、歯の中への血流が途切れてしまって歯の中の歯髄が壊死(腐ってしまうこと)している場合があります。

 

 

 

今日ご紹介する1本だけ白くするホワイトニングは「ウォーキングブリーチ」といいます。

 

 

歯髄が壊死してしまった歯を内側からホワイトニングする治療です。

 

 

 

 

この患者さまは転んで前歯に強い衝撃を受け、1ヶ月後にだんだんと暗い色調へと変わっていきました。

 

 

 

 

 

さて、お口の中では何が起きているのでしょうか。

 

⬆︎健全な歯の場合は、歯の内部まで血液が循環しており、これにより歯質は栄養や瑞々しさを得ています。

 

 

⬆︎ところが、転んだり強い衝撃を受けると、循環していた血液は遮断されてしまいます。

 

 

⬆︎ 血流が途絶えた歯の内部の細胞たちは壊死(腐ってしまうこと)してしまいます。

そうすると、色調もだんだんと暗くなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

デンタルクリニック麻布仙台坂

<ウォーキングブリーチ>

歯の内側から白くするホワイトニング

 

<上:治療後  下:治療前>

 

 

治療の手順をご紹介します。

1.根管治療

2. ホワイトニング

 

 

 

 

<1.根管治療>

暗くなっている歯は血流が遮断されて壊死した状態になっています。

このまま放置すると、感染症が波及してしまうので根管治療が必要になります。

 

 

 

マイクロスコープを使って細部まで確認しながら、歯の内部を洗浄します。

 

日本の根管治療、特に再治療の場合は成功率が50%以下であると統計上のデータから分かっています。

 

口腔内は細菌が非常に多い環境で、根菅の内部は非常に複雑な形態をしているので、感染を取り除くのが難しいのです。

 

 

 

マイクロスコープを使用することで、歯を傷つけずに細部まで確認しながら感染した部分を綺麗にします。

 

清潔な状態になってから、根管充填を行います。

 

 

<根管治療について詳しく知りたい方はこちら>

 

 

 

 

2.ウォーキングブリーチ

根管治療の後は、ホワイトニング剤を歯の内部に直接填入します。

 

過ホウ酸ナトリウムと過酸化水素水からできる薬剤を歯の内部に填入して、1週間ほど待ちます。

 

すると、だんだんと暗い色調であった歯が内側から白くなります。

 

<上:治療後  下:治療前>

 

 

 

<こんな方にオススメ>

・転倒等が原因で1歯だけが暗い色調になった方。

・セラミックによる審美修復治療を予定しており、失活歯を含む場合。

 

 

 

注意点

・暗みが強い場合は目標の白さまで到達しない場合があります。

→事前にカウセンリングを行います。場合によっては、被せ物の治療をご提案する場合もあります。

 

・平均2~3回の施術で目標の明るさまで到達します。

 

 

 

ウォーキングブリーチは比較的低コストで行うことができる審美治療です。

 

歯の色でお悩みの方はご相談ください。

 

 

デンタルクリニック麻布仙台坂

麻布十番の歯科・歯医者

 

 

 

おまけ

その他のホワイトニング 

 

1.オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング。

歯面に過酸化水素のジェルを塗布してホワイトニング専用の光照射を行って歯を明るくする治療法。

 

施術時間:90分 費用:2万円+税

 

 

2.ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニング。

ホワイトニング用のトレーにジェルを

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ