MENU

インプラントと天然歯

インプラントと天然歯


麻布十番、広尾エリアの歯科医院[デンタルクリニック麻布仙台坂]のブログです。

 

本日はインプラントと天然歯をテーマにお話します。

 

インプラントはご自身の歯を失った場合に用いられる治療法で、ブリッジや入れ歯と同じ欠損補綴治療と呼ばれる項目になります。

 

以前は、メディアで「トラブルが多い治療」とインプラント治療は批判を受けてきましたが、しっかりとした計画と治療およびご自身のセルフケア次第では多くのトラブルは回避することが出来ます。正しく治療を行うと、ご自身の歯が元に戻ったようにしっかり噛むことが可能になります。

 

 

本日はそのインプラントの計画の一部である「インプラントと天然歯の距離」についてお話します。

「インプラントは何本必要ですか」と患者さまによく聞かれますが、それも「距離」が一つの答えになります。

 

インプラントの直径はメーカーによって多少差はありますが、小臼歯は4.1mm程度で大臼歯は4.8mm程度あります。(小臼歯:前から4,5番目の歯の名称。大臼歯:奥歯2本の歯の名称。)

 

 

小臼歯を失ってすぐにインプラントを行うと、小臼歯のサイズのインプラントを一本埋入すれば問題はありません。基本的に1歯に対して1本というのが定石です。大臼歯を失った場合はもう少し直径が大きい大臼歯のサイズのインプラントを埋入することとなります。

 

 

 

では、歯を失って時間が経った方(数年など)はどうなるでしょうか。

 

以前にもブログで書きましたが、歯を失うと周りの歯は動いてしまいます。これではインプラント治療がスペースが無くてインプラント治療ができません。

<ブログ:歯を失ってしまうとどうなるの>

 

このような場合は矯正治療を行い、傾いた2歯を立てながら距離を離してスペースを作る必要があります。

患者さまによってはブリッジを選択する場合もありますが、天然の歯を削る治療になってしまうのであまりオススメ出来ません。早めの治療がいかに大切であるのかがわかります。

 

 

では複数の歯を失った場合、どのように考えれば良いのでしょうか。基本的には1歯に対して1本が理想です。しかしながら常に十分なスペースがあるわけではありません。インプラントを成功させるには大切なルールがあります。

 

1.インプラントと天然の歯は1,5-2,0mm距離が必要

2.インプラントとインプラントは3mm距離が必要

 

インプラントの周りは天然歯と違って歯根膜という組織が無く、血液供給が少し苦手なためにあまりに距離が近いと細胞に酸素や栄養が巡らずに死んでしまいます。

 

前歯の場合、例えばこのように4本のインプラントをすると、スペースがしっかりとあれば良いですが距離が近すぎてルールを破ってしまうと、インプラントは失敗してしまいます。

 

このような時は、2本だけインプラントを埋入してインプラントのブリッジにすると血流もしっかり保ちながらインプラントを成功させることが出来ます。

 

このようにインプラント治療にはレントゲンや模型を利用しながらしっかりとした診断が必要になります。

デンタルクリニック麻布仙台坂はルールを守って快適なインプラント治療を目指しております。

 

 

麻布十番、南麻布の歯医者。麻布十番駅から徒歩5分の歯科医院

東京都南麻布1丁目3-7

デンタルクリニック麻布仙台坂ではインプラントのご相談を承っております。

 

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ