MENU

今や予防歯科の時代です

今や予防歯科の時代です


今日は予防歯科についてのお話です。

 

歯を失う原因の1位は歯周病、2位は虫歯、3位は破折で、

上位2位だけで約75%を占めます。

 

日本では歯が痛くなったら歯医者に行く、という方が大半かと思いますが

それでは遅いのです。

 

削った歯は元に戻ることはないですし、

治療しても詰め物との間からまた虫歯になることだってよくあります。

また歯周病は虫歯に比べて痛みを伴わないので、

気づいた時には進行していて歯が揺れてきてしまうことも十分にありえます。

 

虫歯も歯周病も元通りに治ることは残念ながらありません。

 

そうなる前に予防を目的として歯科医院に来ていただきたいのです!

 

歯周病も虫歯も原因はプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊です。

このプラークを落とすために毎日の歯磨きがとても重要になってきます。

 

しかしご自身だけで細かいところのケアまでするのは

なかなか大変で難しいことです。

そこで歯科衛生士という専門家によるクリーニング(PMTC)が必要になってくるのです。

 

このプロフェッショナルケアとご自身でのセルフケアで

プラークがコントロールできれば虫歯や歯周病の発生率、

また歯の喪失率が格段に低くなるということが

予防歯科先進国スウェーデンでの調査レポートで報告されています。

 

予防プログラムを受けた375人のうち30年間でなくなった歯の本数は21本だけ、というのは

現在の日本ではありえないくらい低い数字です。

 

PMTCもそんなスウェーデンで開発されたものです。

 

PMTCとは【Professional Mechanical Tooth Cleaning】の略で

歯科衛生士という専門家が専用の器械を用いて歯をクリーニングすることをいいます。

歯と歯の間などご自身ではなかなかケアしづらい部分を中心におこなっていきます。

また全体的にバイオフィルムを取り除いていき歯の面をつるつるに仕上げていくことで

プラークをつきにくくします。

 

そして最後にフッ素で歯の表面をコーティングすることで

歯質を強くし虫歯になりにくい状態へと導きます。

また初期の虫歯であれば再石灰化を促して修復を助けることもできます。

 

クリーニングに定期的に来ていただくことで

虫歯や歯周病の発生を早い段階で見つけることができます。

そうすれば治療も大がかりにならなくて済みますよね。

歯科医院で定期的にクリーニングを行うことは欧米では

もはやあたりまえのことです。

 

歯が痛くなってから、ではなく

歯を守るために歯科医院にいらっしゃいませんか?

 

 

デンタルクリニック麻布仙台坂

東京都港区南麻布1-3-7

TEL.03-3456-6411

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ