MENU

インプラントかブリッジ。他の選択肢は?歯の欠損を補う5つの方法

インプラントかブリッジ。他の選択肢は?歯の欠損を補う5つの方法


麻布十番の歯科・歯医者

デンタルクリニック麻布仙台坂のブログです。

 

麻布地域にお住いの方を対象に分かりやすく歯科情報をご提供いたします。

 

 

今日のテーマは「インプラントかブリッジ。他の選択肢は無いの?」ということで歯を失った部分を補って再び咬めるようにするにはどのような選択肢があるのかをご紹介します。

 

 

 

 

〇どうしてその歯はダメになったの?

 

失った部分を補うことばかりに気が向いてしまい、意外と軽視されやすいのがこの問題。

 

実はとても大切なことなのです。医療において最も大切なことは診断と考察(分析)です。

 

 

虫歯や歯周炎によって歯が崩壊したのであれば、口の中の衛生環境に確実に問題があります。

 

単純にダメになってしまった歯を抜いて、そこを補う治療(インプラントやブリッジ)を行ったとしても、今度は他の歯が虫歯や歯周炎の影響を受けて崩壊する危険もあります。

 

口腔は生体内で最も菌が多く、唾液によって濡れており、被せ物や歯は毎日何百何千と咀嚼の衝撃を受け続ける非常に過酷な環境です。その中で補綴物(かぶせ物など)を長期安定させるには精密な治療が不可欠です。もちろん上手な技工士や歯科医師になるほど治療費は高額なものになります。

 

歯科治療は丁寧にやればやるほど費用がかかります。

 

限られた予算の中で長期安定させるには、しっかりとした考察と原因に対する的確な治療が必要です。

 

つまり、虫歯で崩壊したのであればまずは口腔衛生環境を整えてセルフケアを徹底する必要があります。

 

失った歯を補填することよりも可及的に清潔な口腔内環境を作り、二度と細菌感染しないようにすることが大事なのです。

 

<↑歯科衛生士が推奨するセルフケアについて↑>

 

 

他の原因としては、かみ合わせ(咀嚼力)によって起こる破折も考えれます。力によってパキッと歯が折れてしまうことを破折といいます。

 

それでは何も考えずに折れた歯を抜いて、インプラントやブリッジで補うことは適切なのでしょうか?

 

これも間違えです。かみ合わせも考慮して欠損した部位を補填しないと、同じ原因によって起こるトラブルを繰り返すだけで歯もお金もどんどん無くなるのです。

 

もう一度繰り返しますが、患者さんと向き合うにあたって医療で最も大事なのは診断と考察です。

 

 

デンタルクリニック麻布仙台坂では、患者さまの口腔内の問題点を整理して長期的に安定する治療プランを提案するための「精密検査」というものを推奨しております。

 

 

ご興味がある方は下画像リンクから精密検査ページをご覧ください。

 

↑↑ 精密検査について ↑↑

 

 

〇失った部分を補う治療法

それでは失った部分を補う治療についてご案内します。

 

1:インプラント

2:ブリッジ

3:入れ歯

4:歯の移植

5:(歯科矯正治療)

 

歯の欠損を補う方法は5つあります。口腔内の状況に応じて適切なプランを歯科医師と相談しましょう。

 

 

 

Plan 1:インプラント

 

インプラントというチタン製のネジを骨に留置して、咬めるように被せ物をつくります。

上の写真のように、適切なステップを踏むと天然の歯と比較しても識別出来ないくらいの自然な仕上がりになります。

 

メリット

・周りの歯を削る必要がない。

・他の歯と同じようにフロスを通すことができる。

・条件を満たせば天然の歯と見分けがつかないくらいに審美的な仕上がり。

 

デメリット

・基本的には保険適応外

・骨が足りないと骨造成という追加の治療が必要になる。

 

 

 

Plan2:ブリッジ

歯を失った部分の両隣の歯を利用して被せ物の橋を作ります。良好な環境でブリッジを作製すれば天然の歯と見分けがつかない水準で仕上がります。

 

メリット

・外科処置をする必要がない。

・天然の歯で咬んでいる感覚に近い。

 

デメリット

・白い歯のブリッジは保険適応外。

・どちらかの歯にトラブルが起きるとブリッジを壊して外さないといけない場合もある。

・両隣の歯を削る必要がある。

・フロスを通すのが難しい。

 

 

 

 

Plan 3:入れ歯

残った歯に金属製のフックをかけて入れ歯を固定させます。

 

メリット

・保険適応内

 

デメリット

・厚ぼったくなるので異物感が強い。

・維持を持たせる歯は過重負担となりやすく、トラブルが起きやすい。

 

 

 

 

 

Plan4:歯の移植

親知らずなどの嚙み合わせに関与しない歯を欠損した部位に移植する方法です。

 

メリット

・比較的安価

・天然歯とほぼ同じ咬み心地

 

デメリット

・基本的には成功するが、移植歯が脱落することもある。

・文献上では長期的な安定という点でインプラントやブリッジより劣る。

 

 

 

 

 

Plan 5:(歯科矯正治療)

歯科矯正という選択肢があれば、歯を失った部分に他の歯を連れてきて隙間を埋めることも可能です。

 

インプラントやブリッジなど人工のもので補うのではなく、自身の歯で隙間を埋めることが可能です。

 

メリット

・人工物ではなく、ご自身の歯で隙間を埋めることができる。

・歯並びに問題があれば同時に改善できる。

 

デメリット

・保険適応外

・骨の状態次第では矯正治療ができない場合もある。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

失った歯の部分を補うという治療には様々な選択肢があります。

 

まずは原因をしっかりとご理解頂いて、原因にあった対策が必要です。

 

大切なお体のこと、歯医者さんと相談してみましょう。

 

 

東京都港区南麻布1-3-7

デンタルクリニック麻布仙台坂

東京都港区麻布十番の歯科

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ