MENU

初めてのホワイトニング

初めてのホワイトニング


東京都港区麻布十番の歯医者・歯科

デンタルクリニック麻布仙台坂のブログです。

 

 

『歯を白くしたい』

 

 

対面での食事の機会や、マスクを外す場面も少しずつ増え始めました。最近では歯のホワイトニングに興味を持って来院する患者さまが増えているように感じます。

 

 

本日は、初めて歯のホワイトニングを行う方向けにホワイトニングの種類・手順・メカニズムを分かりやすく説明させて頂きます。

 

 

 

■ホワイトニングの種類

当院では3種類のホワイトニングを行なっております。

 

 

・ご自宅でマウスピースとジェルを用いて患者さん自身で行う[ホームホワイトニング]

 

・院内でジェルを塗り、光を照射することでホワイトニング効果が得られる[オフィスホワイトニング]

 

・神経のない歯に対して1 歯のみを白くする[ウォーキングブリーチ]

 

 

 

ウォーキングブリーチに関しては以前のブログで紹介させて頂いておりますので、こちらをご覧ください。

 

↓↓ウォーキングブリーチのページ↓↓

 

 

 

[ホームホワイトニング]は医院にて専用のトレーを作製し、ご自宅でホワイトニングジェルをトレーに入れて歯に装着して使用して頂くものです。

 

当院では『オパールエッセンス35%』のジェルを使用しております。

 

装着時間は1回30分です。毎日継続して頂くことでホワイトニングの効果を得ることが出来ます。

 

 

忙しくて来院する時間がなかなか取れない方や、ご自宅でメインテナンスを行いたい方におすすめです。

 

ホワイトニングの前には歯科治療を行うべき歯がないかどうかを事前に歯科医師にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

『オフィスホワイトニング』は1度の御来院(90分程度)で歯を1トーンから2トーン程白くすることが出来ます。ご自宅でのケアが億劫に感じる方や結婚式などイベントを控えている方におすすめのホワイトニング方法です。

 

当院ではGC社の「ティオンオフィス」を使用しております。

 

『ホームホワイトニング』と『オフィスホワイトニング』を並行して行う『デュアルホワイトニング』という方法もございます。

 

「なるべく早く、白くしたい」「オフィスホワイトニングで白くなった歯を維持したい」という患者さまにおすすめです。

 

 

 

 

■ホワイトニングの効果について

オフィスホワイトニングでは薬液を塗布後、12分間光を照射した後にもう一度薬液を塗布して照射を行う行程を合計3クール行います。

 

初めてのオフィスホワイトニングを経験した患者さまは下写真の程度まで明るくなります。

 

継続してホワイトニングを行うことでさらに歯を白くすることが可能です。

 

 

 

 

 

■オフィスホワイトニングの手順について

それでは、『オフィスホワイトニング』はどのように行っていくのかをご紹介します。

 

 

1.患者さまに手順・注意事項の説明

pastedGraphic.png

ホワイトニングを行った直後は、知覚過敏の症状が生じる場合や食事制限などもあるので、事前に患者さまに細かく説明を行っております。

 

不安な事や、「いつまでにどれくらい白くしたい」などの要望も、歯科衛生士がしっかりカウンセリングを行いますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

2.シェードテイキング

pastedGraphic_1.png

現在の歯の色を、患者さまと一緒に確認していただきます。

 

ホワイトニング前後のお写真もお撮りします。

 

ホワイトニングは全部の歯が対象な訳ではなく、笑って見える範囲(真ん中の前歯から左右に4、5本程度)の表側のみになります。

 

 

 

 

3.歯面の清掃

歯の表面に付着したプラークなどの汚れをしっかり除去し、薬液が浸透しやすい環境にします。

 

※しばらく歯のクリーニングを行っていない方、歯石や着色などが多く付着している方にはホワイトニングの前にクリーニングを受けていただく事をおすすめしております。歯の表面に汚れがある場合、ホワイトニング液の効果が最大限に発揮されません。

 

 

 

 

 

 

4.歯肉、粘膜の保護

pastedGraphic_3.png

お口が開いた状態を維持するため、リトラクターを装着します。(画像の青い器具)

ホワイトニングの薬剤が歯肉や粘膜に付着しないよう、専用の歯肉保護材やガーゼを用いてしっかり保護します。照射の光から守るため、UVカット効果のあるリップクリームや専用のサングラスも使用します。

 

 

 

5.薬液の塗布

pastedGraphic_4.pngpastedGraphic_5.png

歯面処理剤(唾液などのタンパク質を分解する液)→ホワイトニングジェルの順でお薬を塗布していきます。

 

 

 

 

6.照射

pastedGraphic_6.pngpastedGraphic_7.png

 

専用のライトを用いて、12分間照射していきます。

 

 

 

7.薬液の除去

pastedGraphic_8.png

 

歯面についた薬液を、しっかり除去していきます。

5~7までの手順を、3回行います。

※途中でしみる症状が強く出た場合、中断することも可能ですのでお申し出ください。

 

 

 

8.歯面清掃